どうしたらいい?中性脂肪を下げる食事の特徴とは?

健康診断で中性脂肪値が引っかかると、なんとかそれを下げたいと思いますよね。
そういう場合は食事による改善が一番と聞きますが、具体的に中性脂肪を下げる食事とはどんなところに気をつけたらいいのでしょう。
中性脂肪を下げる食事の特徴をご紹介します。

中性脂肪を下げる食事の特徴一つ目は糖質制限です。
中性脂肪を増やさないためにごはん・パン・麺類など糖質を食べる頻度をなるべく減らしましょう。
このように糖質を制限すると、中性脂肪を増やすことを防げます。
糖質は中性脂肪を増やしてしまう原因ですからね。
だからまずは糖質を減らすということを心がけてください。

二つ目は脂分をなるべくカットした食事です。
脂っぽいものも糖質同様に中性脂肪を増やします。
ですからなるべく脂質の少ない物を食べましょう。
どうしても油物を食べたいときは極力油をカットできる調理法を行ってください。
揚げ物などは脂を最も使う料理法でよくありません。
揚げるより炒める、炒めるより焼く、焼くより蒸す、蒸すよりゆでる方が脂をよく切ってくれて、脂分をカットしてくれる調理法なのです。
脂を極力なくす調理法で調理したものを食べると油をカットした食事になります。

三つ目は青魚を食べることです。
DHA豊富な青魚を食べるのも中性脂肪を下げるために有効です。
青魚に含まれているDHAやEPAは中性脂肪の増加を抑えてくれる素晴らしい働きをしてくれるからです。
青魚はとても体にいい食べ物なので、食事でよく食べるようにしてください。
それが中性脂肪を下げるために役立ちます。

このように中性脂肪を下げるために役立つ食事を考えて、献立を作りましょう。
こうすれば少しずつ中性脂肪は下がっていくはずです。
ちなみに食事の相棒はウーロン茶が一番です。
ウーロン茶には中性脂肪を下げたという実験結果が出ているのです。
ですからこのような食事と飲み物に気をつけて、中性脂肪を下げるための献立を作るようにしてください。